« 夜空を見上げて(SS1枚の手抜き日記) | トップページ | 自作防具 »

2010年10月24日 (日)

FF14 高画質化への道(4)

今回はテクスチャ品質を設定してみます

Textureというのは、物体の質感を表現するための「画像」で、
これをポリゴンに貼り付けるのがテクスチャマッピングですね。
貼り付ける処理の演算量は、今のグラフィックボードにとっては問題にならないようです。
問題になるのは、グラフィックボード側のメモリ容量です。
何種類もの画像データを内部に保持していないといけませんので、非常に多くのVRAMを
必要とします。一昔、二昔前のVRAM容量128Mとか256Mとかでは収まりきりません。
FF14では、必須環境で512M、推奨環境で768Mとなっていますよね?
ここの設定はどうやってもごまかしがききませんから、自身のグラフィックボードのVRAM
容量と相談して決めるのが得策でしょう。
公式な推奨環境では
768MのVRAM環境で、解像度1280×720・テクスチャ品質「高品質」です。
VRAMが512Mの人は、「低品質」「標準品質」を選ばないと影響が出てくるかもしれません。

雷鳥さんの環境は、HD5770/1Gで解像度も1280×960で設定しています。
当然テクスチャ品質は「高品質」で大丈夫ってこと。

現在の設定は「低品質」
Texture_low_conf


Texture_low

 

コンフィグをいじります
Texture_high_conf


Texture_high


近距離~中距離まで、まったくの別画像というくらいの(大袈裟かw)画質向上です。
足もとの草はもとより、左手の岩肌や、右上の崖っぷちなんかも、かなり変わっています。

GPU負荷は、予想通りほとんど変化なし。フレームレートも変化なしでした。

ちなみに、FF11で存在したバンプマッピングの設定。
簡単に言うとテクスチャに疑似的な影をつける処理ですが、FF14の設定には無くなってます。
レジストリ見つけて設定オフにしてみたい、、、どんな画質になるのか、、ので
知ってる人いたら教えてくださ~い!

|

« 夜空を見上げて(SS1枚の手抜き日記) | トップページ | 自作防具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162839/49829000

この記事へのトラックバック一覧です: FF14 高画質化への道(4):

« 夜空を見上げて(SS1枚の手抜き日記) | トップページ | 自作防具 »